CentOS5.1 Xen

5.1へアップデートしてみました。
仮想化しているWindowsXPが、
「ハードウェアが大幅に変更されたので、再認証して下さい。」
となってしまい、再認証しました。
それから、アップデート前に認識されていたNICが消えてしまい、
新しく、「ローカル エリア接続 2」となってしまいました。
この新しく認識されたNIC「ローカル エリア接続 2」は
IPアドレスが何も設定されてないので、
リモートデスクトップで接続している人は接続できません。
Xを立ち上げて、サーバーから直接操作してIPを再設定する必要があります。

XPが以前のNIC情報を保持したまま、新しいNICを認識してしまったので
レジストリから以下のキーの該当箇所を削除して、再起動すればうまくNICが再認識されます。
(認識後、IPを設定し、もう一度再起動しました。)

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Network
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces

VNC接続でのマウスのズレは直ってませんでした・・・ orz

XP Proをインストールし、リモートデスクトップで接続するのがオススメです。
VNC接続の場合、姑息な手法ですが、「コントロールパネル」の「マウス」で
カーソルの動きを速くすれば、比較的操作しやすいかも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です