cpコマンド

ファイルやディレクトのコピーに使う「cp」コマンド

引数に「-f」を指定すると、確認無しに上書きコピーする

そのはずが、「-f」を指定しても、確認してくる。

なんでだろ?ってずっと思ってたんですが

「.cshrc」「alias cp 'cp -i'」のエイリアスが指定されているからで、

「-i」はコピー先に同名のファイルが合った場合に確認する

 aliasを一時的に回避する場合は「\cp」コマンドの前にバックスラッシュを追加すればいい。

長年の疑問が氷解しましたw

One thought on “cpコマンド

  1. こまっていた人

    おお!

    私も同じ現象に悩まされていました。
    ご記述の通りやってみたところ、解決しました。

    ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です