ランサムウェアとは

ランサムウェアの感染源は様々ですが、主な感染経路として以下のものがあります:

  1. フィッシングメール:
    • 悪意のある添付ファイルやリンクを含むメールを開くことで感染します。
  2. ドライブバイダウンロード:
    • 信頼できないウェブサイトを訪れることで、自動的に悪意のあるソフトウェアがダウンロードされることがあります。
  3. ソフトウェアの脆弱性:
    • 古いソフトウェアや未パッチのソフトウェアの脆弱性を悪用されて感染します。
  4. リモートデスクトッププロトコル(RDP)の悪用:
    • 弱いパスワードや設定ミスを利用してRDP経由で侵入し、ランサムウェアを展開します。
  5. マルウェア広告(マルバタイジング):
    • 広告ネットワークを介して配信される悪意のある広告から感染します。
  6. USBデバイス:
    • 感染したUSBデバイスを使用することでランサムウェアが広がることがあります。
  7. ソフトウェアのバンドル:
    • 正規のソフトウェアに紛れてランサムウェアがインストールされることがあります。

これらの感染源を防ぐためには、定期的なソフトウェアの更新、信頼できるセキュリティソフトの使用、慎重なメールとウェブサイトの閲覧が重要です。

コメントを残す