http://imagemagick.sourceforge.net/

ImageMagick6.2.x以降はTurbolinuxではインストールに失敗するので
デフォルトでインストールされているfreetype関連のフォルダをリネームしておく。

mv /usr/include/freetype /usr/include/freetype.bak
mv /usr/include/freetype2 /usr/include/freetype2.bak
mv /usr/include/libxml2 /usr/include/libxml2.bak

既にApache + PHP をコンパイルしてインストールしている事を前提に。

./configure \
--enable-lzw \
--without-x \
--with-perl=/usr/bin/perl \
--with-jpeg=/usr/local/lib \
--with-png=/usr/local/lib \
--with-zlib=/usr/local/lib \
--with-xml=/usr/local/lib

make ; make install

リネームを戻す
mv /usr/include/freetype.bak /usr/include/freetype
mv /usr/include/freetype2.bak /usr/include/freetype2
mv /usr/include/libxml2.bak /usr/include/libxml2

ImageMagick6.2.x以降はTurbolinuxではインストールに失敗する。
freetype2がどうも駄目らしいので
Xを使ってなければ、freetype2を削除する。
ついでに、libpng libjpegも削除してしまう。
zlibはいろいろ関連付けがあるし、zabomもアンインストールされるので保留
アンインストール後はそれぞれコンパイルしてインストールしておく。

MagickWand For PHPと関連付けするために最小限なオプションで・・・
コンフィギュアはこれだけ

./configure \
--with-quantum-depth=8

make

make install

--------------------------------------------------
旧 Ver5
--------------------------------------------------
./configure \
CXX=c++ CPPFLAGS='-I/usr/local/include' LDFLAGS='-L/usr/local/lib -R/usr/local/lib' \
--with-modules \
--enable-lzw \
--with-perl=/usr/bin/perl \
--enable-shared

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です